人生構想などなど
by funkykaneshima
カテゴリ
全体
ゼミ論構想
独りよがり
就活
キャナダ
卒論抗争
THE 圏外
未分類
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
行政書士 試験 に受かった!
from 一発合格
道路交通法~道路交通法の..
from 道路交通法~道路交通法の基礎..
ユーチューブなら動画は無..
from ユーチューブなら動画は無料で..
columbia uni..
from columbia unive..
alabama
from alabama
英語に関する質の良い情報..
from 在宅ビジネスのすすめ
禁煙 禁断症状 外来 方法
from 禁煙 禁断症状 外来 方法
web 学校
from 時間がない人にオススメWeb学校
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


223de223

伝家の宝刀(E.H.Key)を抜いた。
通常ではありえない空間がここに在る。

ほか弁ののり弁290円。
満腹感は危機感を埋める。

しかし、
満腹感というものは永久(とわ)に長続きしない。
そして、
権力は空気中に存在している


新たに湧き上がる飢餓感、そして、危機感。


溢れ出す危機感故か、シナプスとシナプスが結合し、新たなシナプスを生み出す。

☆野ゼミの過激派カネシマ(自称)。

今、そんな感じ。
[PR]

by funkykaneshima | 2008-12-12 02:27 | 独りよがり

革命日和

迷走の結果、なぜか革命理論に辿りついた。

今、中野実の「革命」を読んでいます。大丈夫か、おれ?


革命を構成する要素には、
発生、変化の様態、主体・動員、手段・暴力、イデオロギー・象徴、権力関係、社会革命と反作用、対外関係、循環
などといった諸特徴が挙げられる。

それに加え、昨日223では新たな要素が議論の的となった。

その要素とは、


天候


革命について熱く語るグシカワ連邦人民共和国出身のカネシマ・ダンソンジョビッチさんに対して、
キン社会主義共和国共和国連邦出身のアオイ・ジブンスキーさんの放った一言
「革命の条件て、あれですか?晴れだったらとかですか?」
が223会で新たな旋風を巻き起こした。




ある日の朝、

反政府リーダー(以下、ハンリ):今日天気いいから、革命しちゃおうぜ?

その参謀(以下、ソサン):でも、午後からは曇りらしいですぜ。

ハンリ:マジでカ?じゃあ、今日は止めにしとくか?

ソサン:せっかくなんで、午前中はデモにでも繰り出しましょうや。

ハンリ:オッケー。それじゃ、オキナワ市のミサトコウエン前にでも集合ってことで。


などといった会話がフランス革命間近のある日の朝にあったようななかったような。



損難困難な革命(卒論)三日前。
[PR]

by funkykaneshima | 2008-12-09 09:47 | 独りよがり

猛省

昨日はやっちゃいました。

皆さん、申し訳ないっす。

アレはなしですね。


久々に猛省。


卒論がんばろうか。


あ、三年次の皆さん、ゼミ説明会お疲れ様です。

S出さんのプレゼンが去年より成長してたのが、ちょっとおもしろかった(上目線)w
[PR]

by funkykaneshima | 2008-12-03 18:33 | 独りよがり

タイピング

12月になって急に暖かくなってきましたが、油断禁物。

no more 風邪。

今までにない頻度でブログを更新しております。
決して暇なわけではありません。なまった指先に活を入れるべく、ブログを使ってタイピングの練習をしているのであります。
いきなあり24000字に挑むと指が折れちゃうか、腱鞘炎になったりするのであります。


さて、初卒論抗争カテゴリの日記なんですが、
まずは(ていっても、まだこれしかない)「第三の波」に関してメモを

「貧しい国において民主主義が不適切であること、政治秩序と経済成長のために権威主義が有利であること、そして経済発展それ自体が官僚主義的=権威主義の新しいより永続的な形態を生み出す傾向にある」

と1960年代と70年代における民主主義からの揺り戻しを社会科学者は説明しようとしたとあるが、その理論について、もう少し調べてみたいと思った。
ビルマを説明するために利用できそうだ。ただ、現代と60~70年代とでは、時差がありすぎるので、そこらへんが肝。

他に、

「自由化された権威主義からの移行は、前進することもできたし後退することもできた。限定的な開放は、更なる変化の期待を高め、不安定、激変、暴力をも生み出すことができた。」

とあり、具体例として、ギリシア、アルゼンチン、中国、ビルマが挙げられていた。

ビルマに関して、タカ派指導者にかわって、ハト派の文民であるマウン・マウンが登場し、反対派グループに対して、選挙を提案し、交渉をしようとしたが、プロテストは続き、結果として弾圧された。
ここから何らかのヒントが得られそうなんだけど、まだ思い浮かばない。


前途は多難です。

提出まで残り12日。今から豚しゃぶです。

あぢゅー。
[PR]

by funkykaneshima | 2008-12-01 19:02 | 卒論抗争